住宅着工数、2ヶ月連続増加/東京都 

東京都は6日、2012年10月の住宅着工統計を6日に発表した。

同月の新設住宅着工数は1万3,174戸(前年同月比41.1%増)と、2ヵ月連続の増加となった。

 物件種別では、持家が1,784戸(同13.6%増)、貸家は5,989戸(同51.5%増)で、いずれも3ヵ月連続、分譲住宅は5,285戸(同39.2%増)と2ヵ月連続で増加し、持家・貸家・分譲住宅ともに増加となった。
 分譲住宅のうちマンションが3,538戸(同61.3%増)と2ヵ月連続、一戸建ては1,743戸(同13.4%増)と4ヵ月連続の増加。

 地域別では、都心3区は498戸(同▲0.8%)と2ヵ月連続の減少となったものの、都心10区は3,166戸(同62.8%増)と6ヵ月連続で増加した。区部全体では9,899戸(同39.5%増)と10ヵ月連続、市部は3,239戸(同46.0%)と2ヵ月連続の増加となった。

 

(東京都都市整備局 参照)